banner

無添加化粧品とは?

 無添加化粧品という言葉をよく耳にしますが、一言で無添加化粧品と言っても何が無添加なのかよく分かりません。
「無添加食品」「無添加住宅」などとしてよく使われている「無添加」という言葉は、化学合成された体に悪いものが含まれず天然のものだけというイメージがありますが、何が無添加なのかという規定がないのが実態のようです。
一般的に無添加化粧品と言われているものは、石油系の合成界面活性剤や着色料、香料、防腐剤などが無添加ということで使われていたり、天然由来の成分のみの使っていることだったりしますが、製造業者が任意に表示できるものです。従って、誤認識するケースもあり、厚生労働省などでは、消費者が誤認をしないような表示をするよう求めています。
このように、「無添加=安全・安心」というわけではなく、そもそも無添加化粧品という明確な規定があるわけでもありませんので、利用する場合には、何が無添加なのかをよく確認してから利用することをお勧めします。また、天然由来の成分だから必ずしも体にいいとも限りません。特に、無添加化粧品は、お肌にトラブルがある方が選ばれることが多いと思われますので利用にあたっては十分注意する必要があります。

コンテンツの続きはコチラ

お肌のトラブルの原因

詳しく見る

肌に悪い添加物とは

詳しく見る

無添加化粧品とは?

詳しく見る

Copyright(c) 無添加化粧品の正体. All Rights Reserved.